2020年04月27日

体の可動域チェック まずは手首から

柔軟性 手首.jpg


あなたの体は柔らかいですか?
体は柔らかいほどいいと思ってませんか?


体が硬いとケガのリスクが高まります。
体が硬いということは、関節の可動域が狭いということです。


筋肉や腱がしっかり伸ばされないと、血行も悪くなり、
悪循環になり、余計に硬くなります。


血行が悪いと、健康を損なう原因になります。
代謝が悪くなり、太り原因にもなります。


柔らかければ柔らかいほどいいというわけではありません。
  
  
関節が不安定であれば、怪我のリスクが高まります。


各関節における整形外科的なテストが出来れば理想的ですが、
全身関節弛緩度テスト(東京大学整形外科膝関節診)
を簡便評価としてやってみるのもいいですよ。


1.親指が前腕に付く
片方のみ、、、0.5点
両方、、、、、1点


付くと弛緩している可能性があるということです。
その場合、それに見合った筋肉があるかどうかが
怪我のリスクに影響します。


あなたは、大丈夫ですか?


ウォーキング、スタジオレッスンだけでは、
体の改善は難しいと思います。


女性はムキムキになる心配より、
筋肉量の低下による不健康の方が心配です。


効果的なトレーニングを一緒に始めましょう!


女性の体には、筋肉は簡単にはつきません、
コツコツと効果的なトレーニングが必要です。
生活の中に筋トレする日を組み込みましょう。


体は必ず変わります。
骨も筋肉も日々少しづつ入れ替わっています。


筋肉が必要だよ、と筋トレして信号を送るかどうか、
必要な栄養を摂取して、筋肉を作る為の材料があるかどうか、
作るための環境を整えるかどうか。



あなたの体は必ず応えてくれます。

シンプルで誰にでも使える
トレーニングギア FLOWINはシンプルな様々な
目的に合わせて使用ができます。








クリックして応援よろしくお願いします ↓↓↓


フィットネスランキング

posted by lovebody at 16:34| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください