2020年05月01日

肘の関節可動域チェック

コロナ感染者は少しずつ減少してきましたが、
まだ、外出自粛生活は延長になりそうですね。。。
 

テレワークになっている方は、
通勤で歩いていた分の運動が減っていますし、
 
 
スポーツクラブ、運動場、プールで運動していた方も
施設が休館になり、運動不足になっているでしょう。
  
  
観光地への外出は避け、自宅近くで、
混む時間をさけて、ウォーキングをしてみたり、
自重トレーニングなどをするといいですね。

 
 
子供が小学校に入ってからは、
めったに行かなくなった公園へ行くと、
鳥のさえずりが聞こえて、心が和みます。

 
外で新鮮な空気を吸って、ストレッチをすると、
体の硬さに気づくかもしれませんね。
関節の可動域も一緒にチェックしてみるといいですね。 
 

次は肘の関節の可動域をチェックしてみましょう。


74709211_1173746532818832_9116210983616905216_o.jpg



2 肘関節が15°以上過伸展する

片腕のみ、、、0.5点
両腕とも、、、1点

肘関節の正常可動域は屈曲145° 伸展5°です。
 
 
過伸展している腕を「反張肘」とか「猿腕」
と言ったりします。
 
 
本来5°のところ、15°を越えると力が加わった時に
怪我のリスクが増えます。
 
 
関節が緩んでいることを、柔軟性があって良いと
勘違いしている場合もあるかもしれません。
 

 
あなたは、大丈夫ですか?

 
女性の体には、筋肉は簡単にはつきません、
コツコツと効果的なトレーニングが必要です。
生活の中に筋トレする日を組み込みましょう。
 
 
体は必ず変わります。骨も筋肉も日々少しづつ入れ替わっています。

 
筋肉が必要だよ、と筋トレをして信号を送るかどうか、
バランスの良い食事で材料を摂取しているかどうか、
作るための環境を整えるかどうか


あなたの体は必ず応えてくれます。


家にいる時間が長くなっている今、
座る姿勢がとても重要になります。
 

  
座っていると、骨盤後継になりやすく、
猫背になりやすく、腰痛の原因になります。


姿勢を整えて座りたいですね。
そのためのお助けグッズを使うのも一つの手ですね。









クリックして応援よろしくお願いします💛


フィットネスランキング

posted by lovebody at 10:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください